5/11は阿蘇烏帽子岳に登り、その足で仙酔峡に向かいました。
熊日朝刊のミヤマキリシマ開花の記事の影響もあってか、訪れる車は後を絶ちません。
以前の盛況ぶりには及ばないでしょうが、花酔い橋を渡った斜面一体はピンク色が広がりつつあって人々のにぎわいがある姿は、阿蘇の元気を感じさせます。
背後に峨々(がが)とそびえる鷲ヶ峰と、華やかなミヤマキリシマの対比が面白く、いつまでも眺めていたい風景です。
午前中に登った烏帽子岳はまだ一部咲きでした。