私が幼稚園の頃から中学3年生まで習っていた習字の先生のご逝去を、実家の母から連絡を受けて知り、とても驚きました。
高校進学後、私が習い事をやめてしまったため、その後先生とは就職や結婚など年賀状を通して報告していました。
先生からのおたよりの宛名は、必ず筆で書かれていて、先生の綺麗な字は自分の住所や名前を書く際のお手本でもあり、私の宝物です。
遠方に就職してしまったため、再び先生のもとで習うことはできませんでしたが、2年ほど前に職場の書道クラブに入り、再び書と向き合う時間を作っています。
先生からいただいた基礎や姿勢等の教訓を生かして、これからも練習に励んでまいります。
心からお悔やみ申し上げます。