雨上がりで水かさが増した江津湖畔を歩いて「くまもと文学・歴史館」を訪れました。
エントランスにはSF界の大御所の花輪がドーン。開催中の企画展「梶尾真治の世界」は、熊本のSF作家梶尾真治さんの自由な創造力が生み出す“カジシンワールド”に満ちた楽しい展示です。『黄泉がえり』など、熊本を舞台にした作品が多く、親近感がある方でしたが、今回梶尾さんが山登りが好き、という自分との共通点を発見して嬉しくなりました。
『熊本百名山』の雁俣山登山の原稿も展示があり、温かみに満ちた文章に引かれました。江津湖散策とセットでどうぞ。