宮崎県の祖母山に連なる、親父山周辺4座を歩きました。山頂縦走路はすでに葉は落ちていましたが、中腹は紅葉が盛りを迎えています。山の深部へ分け入らねば見えない、幾重にも重なった尾根が色づく姿は胸に迫りました。目の前にも紅いカエデの陰影がモダンアートを見せてくれます。ここに立つ僥倖に感謝です。