寒波到来のニュースに背中を押されて、南阿蘇の俵山にやってきました。展望所から一時間。雪が積もる白い登山道を進みます。周りの樹々も雪をのせて映画の世界のようです。たどりついた山頂は霧氷細工のアートのような風景に。しかし寒風にひるんで滞在時間は五分。それでも冬景色を満喫しました。下りの急坂も雪がクッションになって膝の負担が軽減。冬らしい空気に頭が冴えた(気がする)ので、午後からの仕事に意気揚々と向かいました。