熊本市の東バイパスを走っていたら、再春館製薬所のイルミネーションに目が奪われました。
ブルーにきらめく光が周囲を明るく照らして、いろいろなことがあった令和二年を温かく包みこむようです。
私にとっては新しい出会いがあった1年でした。コロナ禍は衰えませんが日々の生活も続いていきます。年末まで1日いちにちを大切に過ごして、淡々と来年へつないでいけたらと思います。