【382号】くるくる巻いて組み合わせるだけ! ペーパークラフトでミニ動物園を作ろう

熊本地震後、一歩ずつ復興に向かっている熊本市動植物園。熊本日日新聞社では、全ての動物たちと会える日のために、「熊本市動植物園復興支援キャンペーン」を行っています。その一環として、今回は親子で簡単にできる動物のペーパークラフトを紹介します。いろいろな種類の動物を作って、みんなで動物園の全面再開を応援しましょう。


巻いて楽しいペーパークイリング

細長い色画用紙をくるくる巻いた小さいパーツを組み合わせて作る「ペーパークイリング」。子どもから大人まで簡単にできるペーパークラフトとして最近注目されています。

まずはどの作品にも必要となる基本のパーツ(ルーズサークル)の作り方をマスターしましょう。「紙を巻くには専用のバーがありますが、つまようじや竹串でも代用できます。出来上がった動物はポストカードの隅にワンポイントで貼ったり、組み合わせて一つの大作として飾ったりすると、すてきですよ」と講師の原田さん。今回はミニサイズの動物を紹介していますが、小さいお子さんはパーツの長辺、短辺をそれぞれ2倍の長さにすると作りやすくなります。動物たちを集めて、ミニ動物園を作りましょう!

教えてくれたのは

ペーパークイリング インストラクター 原田 理奈さん

熊本県内のカルチャーセンターやカフェなどでペーパークラフト教室の講師を務める。ギフト・ラッピングコーディネーター講師。

お問い合わせ

JEUGIAカルチャーセンター・イオンモール熊本

TEL
096-235-7522


基本パーツ「ルーズサークル」の作り方

材料

色画用紙、接着剤、専用バー(つまようじや竹串)

(1)細く切った色画用紙の端に、バーを挟む。

(2)左手を添えながら手前に巻いていく。始めの2~3巻きはきつく、その後は力を入れずに巻くと、きれいなくるくる巻きに。

(3)最後まで巻いたらバーを抜いて、自然に巻きが緩むのを待ってから形を整える。端の内側につまようじで接着剤を付けて留める。


LION(ライオン)

材料

色画用紙 ※幅は3mm、E・Fは6mm
写真上から/A長さ30cm×オレンジ2本、B7.5cm×オレンジ2本、C5cm×オレンジ2本、D4cm×オレンジ1本、E5.5cm×茶1本、F2cm×茶1本、接着剤、つまようじまたは竹串

(1)頭・胴はAで、耳はCでルーズサークルを作る。

(2)たてがみは、Eに切り込みを入れて接着剤を付け、頭の周りに巻く。

(3)足はBでルーズサークルを2個作り、それぞれ上下・左右をつまんで四角にする。

(4)尾の先はFに切り込みを入れて巻き、接着剤で留める。真ん中から半分に折ったDを中に差し込む。

(5)各パーツを接着剤で留める。


PENGUIN(ペンギン)

材料

色画用紙 ※幅はいずれも3mm
写真上から/A長さ30cm×黒・白各1本、B15cm×黒1本、
C5cm×黒2本、D7.5cm×ピンク2本、E5mm×黄色1本、
接着剤、つまようじまたは竹串

(1)胴体はAの黒と白の端を接着剤で留め、白が内側になるように、顔はBでルーズサークルを作る。

(2)羽はCで1度ルーズサークルを2個作り、最後は留めずに伸ばしておく。

(3)足はDで小さなルーズサークルを2個作り、それぞれ1か所を爪で押してへこませる。

(4)くちばしはEを真ん中から半分に折る。各パーツを接着剤で留める。


MONKEY(さる)


ELEPHANT(ぞう)


CHECK!

会員登録すると、自分で作った動物を置いて楽しめるイラストシートがダウンロードできますよ。
ダウンロードはこちら


熊本市動植物園復興支援キャンペーン

熊本日日新聞社では、熊本市動植物園の早期復興を応援しようとキャンペーンを展開中。現在の園内の様子を随時記事などで発信し、ホームページでは読者からの応援メッセージも募集しています。
https://zoo.kumanichi.com/message/