【385号】幼稚園 information

来春に幼稚園入園を控え、どの園に通わせようかと悩んでいる親御さんも多いのでは。そこで「くまにち すぱいす」では、各園の基本情報をピックアップ。また、幼稚園と認定こども園の特徴も表にまとめました。

願書受け付けスタート

県内の幼稚園は現在、平成30年度の願書を配布中。11月1日(水)から、各園で願書受け付けがスタートします。

  幼稚園 認定こども園
種別 教育施設(就学前の幼児が教育を受ける場) 教育・保育両方を一体的に行う施設(教育と保育両方を提供する施設)
管轄 文部科学省 内閣府
対象年齢 満3歳~(3歳未満クラスがある園も) 産休明け~(園によって異なる)
保育時間 4時間(朝夕の預かり保育がある園も) 教育標準時間(4時間、朝夕の預かり保育がある園も) 保育標準時間(最長11時間) 保育短時間(最長8時間)
長期休暇 あり(預かり保育がある園も) なし(1号認定はあり)
入園申し込み 園に直接申し込む 園または市町村の窓口に申し込み、1号~3号の認定を受ける

設定区分

1号認定(教育標準時間認定) 満3歳以上の就学前の子どもで、学校教育のみを受ける子ども
2号認定(保育認定) 満3歳以上の就学前の子どもで、保育を必要とする子ども
3号認定(保育認定) 満3歳未満の保育を必要とする子ども

※施設によって、対象年齢や保育時間などが異なります。
 詳しくは各園へお問い合わせください。


学校法人井島学園

さくら幼稚園

さまざまな体験を通して、心身ともに育む

―「レッツ・トライ!」が合言葉だそうですね。

「なんでもやってみよう」をモットーに、「最後まであきらめない強い心」「たくましい心」を育む幼児教育を進めています。園庭で大切に育てた野菜の収穫体験のほか、器楽合奏、マーチング、劇遊び、スケートなど幅広く体験させています。年長児キャンプでは、収穫したジャガイモを使って、みんなでカレーを作るお楽しみも。また英語教育では、子どもたちと楽しくネーティブの発音練習を行っています。

6月から10月まで、温水プールで水泳を教えています

―体育の専任教諭がいると聞きました。

専任の男性教諭1人が、鉄棒や跳び箱などの体育を指導しています。さらに週に1回、保育外のスポーツクラブも実施。年中・年長児対象で、サッカーや器械体操などに取り組んでいます。日々、練習を積み重ね、各地の大会で入賞を果たしているんですよ。あらゆる体験を通して心身を育て、充実した園生活を送れるよう心掛けています。

◎基本情報

募集人員 5歳児若干名、4歳児25人、3歳児120人
送迎バス あり(3000円/月)
給食 週3回
制服 あり

井島竹男 園長

◎園の特徴や年間行事など

■預かり保育あり
■未就園児クラスあり
■スポーツ教室あり
■温水プール完備

4月 入園式
5月 運動会
7月 七夕、年長児キャンプ、夕涼会
11月 芋掘り遠足
12月 発表会、餅つき会、おたのしみ会
2月 節分、小学校見学(年長)
3月 ひなまつり、卒園式

入園説明会

9月20日(水)10時10分~11時30分(予定)

自然とふれあう遊びを楽しみます

入園の季節、美しい桜が咲き誇る園庭


学校法人中九州第二学園

認定こども園 帯山幼稚園

家庭と連携し、親子の関係づくりをサポート

―自由遊びや自然体験を重視した保育に取り組まれているそうですね。

本園では幼児の自発活動である自由遊びを大切にしています。子どもたちは想像力を働かせ、自分たちで遊びをつくる中で、自ら考え、行動する力を身に付けます。また、ちびっこ栽培園や立田山野外保育場を利用した、野菜の栽培や虫捕り、散策など自然と親しむ活動を通して、豊かな感性と優しい心を育んでいます。

自然の恵みに歓声を上げる子どもたち

―幼児期の体験は、その後の育ちに大きく関係すると聞きます。

この時期の経験は、子どもたちの生きる力となるものです。周りの大人のたくさんの愛情と五感を通したさまざまな体験が豊かな心とたくましい体を育み、人間形成の土台を築きます。そのため、親子の関係づくり・絆づくりがとても重要です。親御さんが、子育てが楽しい、子どもを産んでよかったと思ってもらえるよう、家庭と連携しながら、園としても最大限サポートしていきたいと思います。

◎基本情報

募集人員 3歳児25人、2歳児・満3歳児15人、1歳児10人、0歳児6人
送迎バス あり(2500円/月)
給食 支給認定により異なる
制服 なし

吉田精華 園長

◎園の特徴や年間行事など

■満3歳児クラスあり
■預かり保育あり
■全園型統合教育を実施
■プール完備(夏場のみ)
■体操、サッカー教室あり(希望者のみ)

4月 入園式
6月 土曜参観、芋の苗植え、田植え
7月 夕涼み会、お泊まり保育
9月 運動会、飛行機飛行見学
12月 保育参観(表現遊び)、餅つき
3月 お別れ会、卒園式

入園説明会

9月16日(土)10時~11時40分、10月11日(水)14時~15時40分(予約不要)

「おもしろそう!」と挑戦する子どもたち

春には園庭に桜が咲き誇ります


認定こども園 東海大学付属

かもめ幼稚園

大学付属ならではの連携を生かし“生きる力”を育む

―開放感のある広い園庭に驚きました。

園児たちが毎日、楽しく元気いっぱいに遊べる環境を整えています。東海大学では、幼児教育の目標に「あかるく」「すこやかに」「かしこく」「のぞみあふれて」を掲げています。遊びやさまざまな体験を通し、自ら考え、判断し、行動できる“生きる力”を育む教育を目指しています。

広い園庭は遊びの宝庫。園児が元気いっぱい伸び伸びと遊びます

―付属ならではのカリキュラムとは。

幼稚園から大学までの一貫教育システムの中で、大学や高校との連携を生かした「本物を学ぶ」体験活動が本園の大きな特色です。基盤工学部の学生とのロボット体験、農学部との羊の毛刈り体験、高校の茶室での「茶道教室」、専門の指導者によるサッカー教室、新体操教室など多彩な体験に取り組んでいます。実体験を通して「本物」に触れることで、知的好奇心を刺激し、豊かな感性と想像力を育みます。また、当園は、認定こども園に変わり3年目を迎えました。幼稚園入園後にお母さんが復職しても、転園の必要がない点が好評です。

◎基本情報

※1号認定(幼稚園部)の情報です

募集人員 5歳児若干名、4歳児10人、3歳児60人、満3歳児15人
送迎バス あり(2500円/月)
給食 週4回(弁当週1回)
制服 あり

竹内むつ子 園長

◎園の特徴や年間行事など

■預かり保育あり
■子育て支援未就園児 あそびの会あり
■給食はアレルギー対応
■サッカー、新体操教室あり
■プール完備(夏場のみ)

4月 入園式
5月 親子遠足、羊の毛刈り、茶道教室
9月 運動会
12月 餅つき、生活発表会
2月 星翔高校吹奏楽演奏会、豆まき
3月 お別れ遠足、卒園式

入園説明会

10月24日(火)10時30分~12時(1号認定のみ、予約不要)
※2、3号認定(保育部)希望の方は15時~16時

羊の毛刈りでは、命の大切さを学びます

園庭での運動会の様子


学校法人九州音楽学園

九州音楽幼稚園

音楽を通して心豊かな人間形成を

―音楽教育と幼児期の成長との関係とは。

幼児期に音楽に親しむことは、豊かな感性を育み、社会性や協調性、自主性の向上を促します。年少組から打楽器を使ったリズム遊び、年中組になるとピアノレッスンをスタート。さらに年長組になると、ハーモニカやアコーディオンを使った楽器合奏にも挑戦します。年3回の演奏会、卒園前の音楽会などを通して得られる達成感が、子どもの大きな自信につながっています。また、心身の成長に大切な外遊びにも積極的に取り組み、年中・年長組には体操教室も実施しています。

大きな舞台に立つ園児。「ひなまつり卒園音楽会」での様子

―人とのつながりを大切にしているそうですね。

卒園後も音楽を楽しめるよう、ピアノやリコーダー、合奏などの教室を開設し、多くの卒園生が通っています。毎年12月のピアノ発表会では、成長した子どもの姿が見られます。「音楽は神様の言葉、世界のお友達とお話しできます」という創設者の言葉をモットーに、人とのつながりを大切にし、子どもたちに関わっていきたいです。

◎基本情報

募集人員 3歳児32人、4歳児20人、5歳児10人
送迎バス あり(2000円/月)
給食 週3回(パン給食1・米飯給食2)
制服 あり

井上新 園長

◎園の特徴や年間行事など

■預かり保育あり
■ピアノレッスン、体操教室、 英語教室あり(保育時間内)
■卒園生向け各種教室あり
■姉妹園(九州音楽京塚幼稚園)あり

4月 入園式、お見知り遠足
7月 七夕音楽会、お泊まり保育
10月 運動会、園外保育
12月 クリスマス音楽会
2月 豆まき、お楽しみ会
3月 ひなまつり卒園音楽会、お別れ遠足、卒園式

入園説明会

9月19日(火)、10月17日(火) 10時30分~12時(予約不要)
九州音楽京塚幼稚園は9月28日(木)、10月12日(木) ※時間帯は同じ

卒園式恒例の風船飛ばし

閑静な住宅地にある「九州音楽幼稚園」


学校法人浄国学園

幼保連携型認定こども園 高平幼稚園

「非認知能力」を育む、“適期適育”を実践

―幼児教育で大切にしていることは。

さまざまな経験を通し、充実した社会生活を送ることができるようになるための基礎づくりを行うことを大きな目標としています。脳の基礎は6歳までにつくられるといわれており、粘り強さや責任感、好奇心、創造力、積極性、協調性などの「非認知スキル」を育む大切な時期です。

年長組では、「お作法」を通じて、心を整え、思いやりの心を育みます

―「非認知スキル」を伸ばすためにどんなことを実践されていますか。

日々の保育の中だけでなく、年間行事などにおいても、子どもの発達段階に合わせて目標を持たせ、そのために自分のすべきことを自分で考え、実践するというプロセスを踏みます。これが達成感や自己肯定感を育むのです。適切な時期に適切な教育を行うことが幼児教育において最も大切なことです。子ども一人一人に合わせた教育を行うために、家庭との連携に加え、私たちからも必要な情報を常に発信しながら、子どもたちの生きる力を育んでいきたいと思います。

◎基本情報

募集人員 5歳児14人、4歳児8人、3歳児30人、2歳児16人、2号・3号認定の募集はなし
送迎バス あり(2000円/月)
給食 支給認定により異なる
制服 あり

中山義紹 園長

◎園の特徴や年間行事など

■プール完備
■幼児体育、英語教室あり(保育時間内)
■新体操、クロス体操、英語教室あり(保育時間外)

4月 入園式、お見知り遠足
6月 園内ライブコンサートⅠ、芋の苗植え
7月 お泊まり会
9月 運動会
12月 発表会
2月 園内ライブコンサートⅡ、お作法参観

入園説明会

10月17日(火)10時~12時(1号認定のみ)
※2、3号は、個別の園見学で対応(要予約)

仲良く遊ぶ子どもたち

学びは遊びの中にたくさんあります


学校法人中九州第二学園

認定こども園 わかくさ幼稚園

家庭・地域と連携し、“知・徳・体”の調和を

―地域との関わりが多いそうですね。

当園は田畑が多く残る緑豊かな環境にあります。例年、地域の方や保護者の力を借りて、「どんどや」や餅つきなどを行っています。また、熊本農業高校に近いこともあり、高校の協力を得てサツマイモやタマネギを育てたり、校内で飼育されている動物との触れ合いを行ったりと、この地域ならではの教育を行っています。

園庭を元気いっぱい駆け回る子どもたち

―家庭と連携した教育が特徴です。

近年、子どもの生活リズムの乱れが問題となっています。当園では規則正しい生活習慣を子どもの頃から身に付けさせるために、保護者への情報提供のほか、保護者による実践報告会なども行っています。生活リズムが改善した家庭での例を話していただくことで「わが家もやってみよう」という声が上がることも。保護者と園、保護者と保護者の密なコミュニケーションがあってこそ、園が目指す“知・徳・体”の調和がとれた子どもを育てる教育につながるのだと思います。

◎基本情報

募集人員 3歳児17人、2歳児・満3歳児13人、1歳児8人
送迎バス あり(2500円/月)
給食 支給認定により異なる
制服 あり

嶋田善郎 園長

◎園の特徴や年間行事など

■満3歳児クラスあり
■預かり保育あり
■特別支援教育(要相談)
■プール完備(夏場のみ)
■英語遊び、体操教室 あり(保育時間内)

4月 入園式、親子遠足
6月 土曜参観、芋の苗植え
7月 お泊まり保育(年長)
10月 運動会、芋掘り遠足
11月 金峰山登山(年長)
1月 どんどや

入園説明会

随時見学受付中

運動会。真剣に組体操に挑戦

2015年に改装した園舎