【374号】おいしいコーヒーとぬくもりの空間 街の純喫茶

 レトロチックな店構えと、おなじみのメニューに心落ち着く純喫茶。数は少なくなってきましたが、昭和の頃のままの姿でひっそり営業を続けていたり、新しいスタイルの店がオープンしたり。再開発で街の風景が変わっていっても、純喫茶があるとホッとなごみます。

昭和43年、通町筋側から見た上通

昭和43年、通町筋側から見た上通

昭和30年ごろの新市街入り口

昭和30年ごろの新市街入り口

”純喫茶”のおもてなしが再注目

熊本の街にアーケードが生まれる前から、人々の憩いの場となっていた“純喫茶”。コーヒーの味にこだわる店、絵画や音楽など趣味に浸れる店など個性ある店が次々にオープンし、純喫茶は街のカルチャーを作る大きな要素に。また、待ち合わせ場所の定番にもなりました。「私が高校生の頃は、喫茶店に行く=大人の仲間入り。マスターと話をしながら、一杯ずつ丁寧に入れたコーヒーを楽しんでいました」と一美洋二郎さん。しかしオイルショック以降、店の数は減少し、全国展開のコーヒーショップが主流に。「今また、再びコーヒーブームが到来し、ハンドドリップで入れる専門店も誕生しています。古きよき純喫茶のおもてなしに近いですね」。カタチを変えても純喫茶は、今も街に欠かせない存在のようですね。

純喫茶とは

純喫茶は、コーヒーの輸入が再開された1950(昭和25)年以降に登場した。食品衛生法によると、食事やアルコールを提供しない店を指す。コーヒーや紅茶などドリンク類のほか、トースト、サンドイッチなどの軽食が主なメニュー。

『まる味屋珈琲店』代表 一美(いちみ) 洋次郎(ようじろう)さん

『まる味屋珈琲店』代表 一美(いちみ) 洋次郎(ようじろう)さん 昭和25年に熊本市の新市街で創業した『まる味屋珈琲店』2代目。焙煎した豆を飲食店に提供しつつ、街なかの喫茶店を見守ってきた

1950年 コーヒー卸しの『まる味屋珈琲店』新市街で創業
1950年代後半 全国でジャズ喫茶・名曲喫茶が流行
1955年 新市街入口に熊本初の純喫茶「オリンピック」がオープン、以降、ぶらうん、ミミ、アロー、ビギンなどが次々オープン
1960年 初代上通アーケード完成
1960年代後半 純喫茶ブーム
1969年 熊本交通センターオープン 初代下通アーケードオープン
1973・1979年 オイルショック
1979年 サンロード新市街アーケード完成
1980年代 フードメニューが充実するなど喫茶店の業態が変化
1990年代 コーヒーショップがブームに


昔ながらの名店も、味にこだわる新店も 行きつけにしたい街ぶら"純喫茶"

一口に純喫茶と言っても店のカタチはさまざま。昭和レトロがたまらない店構え、店主自ら焙煎した豆、音楽のセレクト…。お店を巡って自分のツボにはまる店を探すのも楽しみです。街なかを歩きながら、そんな一軒を見つけてみては。


好きなものを詰め込んだ"文化系"の店

1963年〜 画廊喫茶 ぶらうん

ぶらうん

普段は店のコレクションを展示

ママとの会話にいやされる

老舗の画廊喫茶として県内外に知られる『ぶらうん』。「マスターの趣味が詰まった店」とママの北川美津子さんが話すように、絵画や音楽、山登りなどが好きな人が集う店に。親子三代で訪れる常連客も多く、ママとのおしゃべりを楽しんでいます。

オープン当時のマスターとママの仲睦まじい写真

名物“アイスコーヒー”450円

名物“アイスコーヒー”450円。シャーベット状でほんのり甘いのが特徴です

「ご存知 うまい!コーヒー」の文句に引かれて入店する観光客も多いとか

「ご存知 うまい!コーヒー」の文句に引かれて入店する観光客も多いとか

お問い合わせ

画廊喫茶 ぶらうん

住所
中央区花畑町12-15 緒方ビル2F
TEL
096-352-8855
営業時間
11時~22時
休業日
不定

1978年〜 Jazz Inns おくら

オープンから39年、変わらないランプの明かりがともる空間

コーヒーとジャズの楽しさをガイド

大学時代からジャズとコーヒーを愛しているというマスターの小倉達弘さん。卒業と同時に開いた『おくら』では、ジャズの名盤を聴きながら“おくらブレンド”を味わうのが定番。ジャズミュージシャンにも愛され、ほぼ毎週ライブが開かれています。

マスターのベスト3枚

普段はギターものをかけているというマスターのベスト3枚

マスターはシティエフエム『しろひのBaby Talk Jazz Study』に出演中

マスターはシティエフエム『しろひのBaby Talk Jazz Study』に出演中

”おくらブレンド”500円

学生時代からのお気に入りの豆を使った“おくらブレンド”500円

お問い合わせ

Jazz Inns おくら

住所
中央区南坪井1-12 1F
TEL
096-325-9209
営業時間
16時~翌1時(金・土曜は~翌2時)
休業日
不定

2008年〜 denkikan cafe(珈琲しもやま)

映画と一緒に楽しむコーヒーの香り

映画館内にあるコーヒー専門店。作品を見ながら飲むことを考えて、入れたてはもちろん、冷めてもおいしく飲めるのがココのこだわりに。上映作品は必ずチェックするオーナーの下山裕さんと、映画談義を交わすのも楽しみの一つになっています。

上映作品のイメージでブレンドした期間限定コーヒーも登場。豆の販売もOK

自家焙煎の豆を使ったコーヒー

自家焙煎の豆を使ったコーヒー500円。アロマ、ビター、カフェインレス、アイスから選べます

お問い合わせ

denkikan cafe(珈琲しもやま)

住所
中央区新市街8-2 Denkikan2F
TEL
090-3016-0828
営業時間
11時~18時
休業日
火曜(不定休)

昭和42年、ミニスカートブーム

昭和42年、ミニスカートブーム

昭和36年、下通商店街

昭和36年、下通商店街


生豆と焙煎にこだわる"コーヒーマニア"の店

1950年〜 岡田珈琲 サテライト店

店内は昭和40年代と変わらない雰囲気

店長の久保田洋平さん

2017年「ジャパンハンドドリップチャンピオンシップ」で優勝した店長の久保田洋平さんがドリップを担当

街の歴史と歩んできた名店

オープンから67年以上、熊本の喫茶店文化をけん引してきた『岡田珈琲』。コクのある“岡田ブレンド”は、自家焙煎を始めた昭和40年から続く定番の味。ひき立ての豆をハンドドリップで入れるほろ苦の味は、昔も今も変わらないおいしさです。

生クリームを落とすのがおすすめ“岡田ブレンド”500円

お問い合わせ

岡田珈琲 サテライト店

住所
中央区上通1-20 2F
TEL
096-356-8881
営業時間
9時~22時 (金・土曜、祝前日~23時)
休業日
なし

1950年〜 まる味屋珈琲店本店

焙煎のいい香りに包まれる

5月9日にワシントン通りから移転した『まる味屋珈琲本店』。60種類の自家焙煎豆から、一人一人の味覚に合ったブレンドを“処方”してくれるのが魅力。カフェスペースでは、“ダッチアイス黒ビール風”などオリジナルメニューも味わえます。

世界中の産地から集まる生豆たち

1971年ドイツ製の焙煎機

『まる味屋』の味を作る1971年ドイツ製の焙煎機

黒ビール風”470円

水出しコーヒーをシェイカーで仕上げた“ダッチアイス黒ビール風”470円。濃厚でマイルドな夏おすすめの1杯です

お問い合わせ

まる味屋珈琲店本店

住所
南區合志4-2-3
TEL
096-321-0438
営業時間
10時~19時 (日曜、祝日11時~)
休業日
第1・3・5日曜

2013年〜 AND COFFEE ROASTERS

「熊本に新しいコーヒー文化を根付かせたい」と、東京から移住した山根さん

「熊本に新しいコーヒー文化を根付かせたい」と、東京から移住した山根さん

甘く優しいクリアなコーヒー

「焙煎や入れ方には、おいしくなるセオリーがあります」と代表の山根洋輔さん。スペシャルティーコーヒーと浅煎りにこだわり、豆本来の味と香りを楽しむ1杯を提供しています。店内で味わうほか、テークアウトで街ブラしながら飲むのも◎

夏のおすすめは、じっくり時間をかけて抽出した水出しコーヒー“COLD BREW”500円

お問い合わせ

AND COFFEE ROASTERS

住所
中央区上通町11-22
TEL
096-273-6178
営業時間
8時~20時
休業日
日曜、祝日

待ち合わせや息抜きに"とまり木系"の店

1975年〜 喫茶中川

地下の隠れ家感が落ち着きます

24時間いつでもくつろげる

昭和50年のオープンから、2年後に24時間営業になった『喫茶中川』。時間帯で客層は変わるものの、世代を超えた“マチの居場所”になっています。13時までオーダーできる“モーニングサービス”や多彩なランチなど、食事メニューも人気。

中川正人さん

朝の時間帯を担当するマスターの中川正人さん。「いってらっしゃい」の声掛けで、1日元気に過ごせそうです

モーニングセット

山盛りサラダがうれしい“モーニングセット”570円

お問い合わせ

喫茶中川

住所
中央区手取本町5-21 キクタビルBF
TEL
096-324-9110
営業時間
24時間営業
休業日
なし

1974年〜 喫茶院(カフェイン)

アイアンレースのドアやレンガの壁や木製ベンチなど、開店時から変わらない店内

飾らない雰囲気が心地いい

昔ながらの雑居ビルに店を構える『珈琲院』。昭和49年のオープンから変わらない雰囲気と、サイフォンで入れるコーヒーが人気です。「ひっそりしている方がいい」と笑うマスターの飾らない接客が、居心地のいい空気感を生み出しています。

ブレンドコーヒー450円

ブレンドコーヒー450円

今村光彰さん

若い頃は三浦友和似(!)のマスターの今村光彰さん

お問い合わせ

喫茶院(カフェイン)

住所
熊本市中央区下通1丁目6-4 武蔵ビル1F
TEL
096-322-0080
営業時間
10時~19時
休業日
日曜、祝日