熊本市動植物園の人気者がポチ袋に!

天気がいい休日。娘に「今日は何して遊ぶ?」と聞くと、かなりの確率で「動物園に行く!」という答えが返ってきます。入園後、真っ先に会いに行くのはシロクマのマルル。

そんな娘が大好きなマルルが描かれたポチ袋があります。熊本在住のアーティスト、コーダ・ヨーコさんが描いたものです。

昨年12月、全面開園となった熊本市動植物園に、とってもキュートな動物たちの解説パネルが誕生したのをご存じですか。このパネルを手掛けたのがコーダさんで、全部で99種類。その中から6種類の絵をセレクトしてポチ袋になっています。

ポチ袋は1個(5枚入)330円。動植物園の売店や、現代美術館のミュージアムショップなどで販売中

コーダさんのポチ袋でもマルルはかわいらしい表情に仕上がっています。ポチ袋といえばお正月のイメージですが、わが家では大好きな動物が描かれたポチ袋に入れてあげるご褒美の効果は絶大で、トイレトレーニングも、遊んだ後のお片づけも、拍子抜けするくらいスムーズに覚えてくれました(笑)。

今は落ち葉の季節。園内で落ち葉&木の実拾いを楽しんで、このポチ袋に入れてプレゼントするのもおすすめですよ。

熊本市動植物園の売店「ZOO SHOP」をのぞいてみると、ポチ袋の他にもコーダさんのイラストを使ったアイテムがそろうので注目です。例えば、2020年度のカレンダーは、「満ち足りた一年でありますように」との願いを込めて、各月の背景に満月を忍ばせてあるとか。ポストカードも充実しているので、年賀状に使うのもいいですね。今年も残すところあと1カ月。すてきな2020年の幕開けを、コーダさんのイラストで彩ってみませんか。

そのほかの販売店はコーダさんのHPをチェック!
「art channel(アートチャンネル)」
http://artchannel.jp/

ジョセフィーヌ

2歳になる娘の育児と家事、そして仕事に、髪をかき乱して奮闘中。最近のストレス発散方は母娘で温泉めぐり&おいしいランチ♪