飲食店が開発した調味料でおうちご飯を格上げ

外出自粛が続き、毎日の献立に頭を抱えた方も多かったと思います。私は外食できない分、飲食店の創意工夫が光るソースやレトルト食品を使って、自宅で気軽にプロの味を楽しんでいました。

お気に入りは、趣向を凝らした家族風呂と食事処を備える『温泉邸 湯〜庵』(熊本市北区植木町)の“奇跡シリーズ”です。「毎日の食卓に奇跡を」というコンセプトで開発された万能たれ、酢、だしの3種類あり、いずれも九州の味と無添加にこだわっているとか。

左から順に奇跡のだし酢(270ml)896円、奇跡のたれ(270ml)896円、奇跡のだし(270ml)1350円

ホームページでは、フードコーディネーターが考案したおすすめレシピも紹介されているので、献立に困った時はぜひ参考にしてくださいね。

私と3歳の娘のお気に入りは、奇跡のたれを使った「おかずいらずの鶏ごぼうご飯」と、奇跡のだし酢を使った「やみつきキャベツ」、そして奇跡のだしを使った「豆腐とわかめのお味噌汁」です。ご飯は冷めてもおいしいし、味がしっかりのっているからお弁当にもおすすめ。キャベツの酢漬けは保存が効くので冷蔵庫にストックしておくと「あと一品」に悩んだ時に便利だし、お味噌汁は出汁をとる手間が省けて楽チンな上、おいしい♪ このシリーズを使うと、少食で毎食1時間はかかる娘が、自らおかわりしてくれるから助かります。

最近はいろんなお店がオリジナルの調味料を作っているので、この機会に味比べを楽しんでみようと思います。

購入は同店のHPから。

取材協力


ジョセフィーヌ

3歳になる娘の育児と家事、そして仕事に、髪をかき乱して奮闘中。最近の母娘ブームは御朱印集め。コロナが早く収束しますように。