【398号】じっくりコトコト煮込んで… コラーゲンたっぷりテールスープ

寒い時季に食べたくなるスープ料理。「もっとレパートリーを増やしたい」という人も多いのでは。そこで、美容や健康に良いと話題の「テールスープ」の家庭での作り方を、料理研究家の福島朝羽さんに聞きました。

コクのあるだしを使った絶品メニュー 年末年始のおもてなしにもぴったり

家庭では、あまり使うことがない牛肉の部位「テール」。実は、煮込むとコクのあるだしが取れ、コラーゲンも豊富な有能食材。美容や健康維持の効果も期待できると、美に関心の高い女性の間でひそかに注目を集めているそうです。
「テールから取れるだしは、あっさりながらコクがあり、和食にも洋食にも合います。ストックしておくと、いろんな料理に活用できますよ」と福島さん。
今回は、牛テールと香味野菜をじっくりと煮込んだ「テールスープ」のほか、スープをアレンジしたシチューの作り方を紹介します。年末年始のホームパーティーなどで、いつもと違ったメニューでおもてなししませんか。

教えてくれたのは

料理研究家 福島 朝羽さん

スープは、おでんや肉じゃがなどの和風の煮込み料理に使ってもおいしいですよ


テールとは?

牛のしっぽのこと。長時間煮込むことで、コクのあるだしが取れます。高タンパク質で、コラーゲンが豊富に含まれています。

選び方

身も脂肪もしっかり付いている大きなサイズのものを選ぶと、濃いだしが取れ、食べ応えもあります。希少部位のため、購入の際は事前に店舗へご確認ください。

教えてくれたのは

「肉のドッキン市流通団地店」店長 堀川勇一さん
南区流通団地2‐6 TEL:096-377-2941


しめは雑炊でどうぞ♪ やさしい味わいにほっこり

スープと白ご飯を鍋に入れ、溶き卵をかけて煮込むだけ。お好みでラー油を少々ふりかけても◎。


アレンジMEMO

栄養&ボリューム満点! テールシチュー

詳しいレシピはこちら