麺's すぱいす vol.236

麺になかなか到達しない 具だくさんの一杯

北区楠の住宅街にある民家の一部を利用したカフェ。約15年前のオープン以来、ナポリタンやカレー、オムライスなど、手作りにこだわった料理を提供しています。

人気メニューの一つが、カフェでは珍しい「太平燕」。たっぷりの野菜や梅肉ポーク、国産キクラゲなど10数種類の具材は、食べ進んでもなかなか麺にたどり着かないほどのボリュームです。自慢のスープは、豚骨と鶏のダシを絶妙な割合でブレンドしたもの。豊富な具材からもうま味が溶け出し、コク深くまろやかな味わいを楽しめますよ。

野菜が多い分、量を抑えた緑豆春雨はツルツルとした喉越し。程よくスープが染みて、一体感のあるおいしさを生み出しています。

【麺’s data】太平燕(タイピーエン) 810円

[麺]緑豆春雨
[スープ]豚骨と鶏のWスープ
[具]ゆで卵、豚肉、エビ、アサリ、イカ、白菜、キャベツ、かまぼこほか

その他のおすすめメニュー

・山桃特製ナポリタン/700円
・鉄板焼きそば/700円
・山桃自家製カレー/780円

隠れ家のように落ち着ける雰囲気の店内。9割以上が女性客だそうです

「太平燕」は、好みの味になかなか出合えなかったので考案しました。年配の女性でもペロリと完食されますよ。(有働さん)

店主 有働雅代さん(左)、店長 島田昂(たかし)さん

店舗情報

café 山桃(やまもも)

住所
熊本市北区楠4‐13‐25
営業時間
11時30分~15時OS
休業日
水曜
18席
駐車場
6台