【テーマ】ピクニック(2)
春の陽気に包まれて、野外で味わうごはんは格別です。そこで今回は簡単に作れ、冷めてもおいしく食べられるお弁当レシピを紹介します。

所要時間:30分 ※所要時間に米を炊く時間は含まれません。

レシピ提供者:料理研究家、野菜ソムリエ 椎野 奈知美さん(熊本市)

材料/10個分
2合
360ml
油揚げ
5枚
生ハム
5枚
スティックセニョール
5本
【A】
しょうゆ
大さじ2
砂糖
大さじ2
みりん
大さじ2
200ml
【すし酢】
大さじ4
砂糖
大さじ2
小さじ1
作り方
  1. 1

    米は洗い、分量の水で炊いておく。スティックセニョールは塩ゆでし、花蕾の部分のみ使う。

  2. 2

    油揚げは2等分に切り、熱湯で油抜きする。粗熱を取って水気を絞り、袋状に開く。

  3. 3

    (2)を鍋に並べ、Aを加えて中火で約10分煮る。汁が少し残る程度まで煮たら、鍋ごと冷ます。

  4. 4

    すし酢の材料をボウルで合わせ、炊きたてのご飯に混ぜて酢飯を作る。10等分し、俵型に握っておく。

  5. 5

    (3)の油揚げを内側に折り込み、(4)を詰める。縦半分に切った生ハムを花のようにくるりと巻いてのせる。スティックセニョールを飾る。

ひとくちメモ

花のような生ハムは子どもウケも◎。市販のすし酢や味付け済みの油揚げを利用すると、調理時間を短縮できます。

このレシピを印刷する