【テーマ】イワシ料理(1)
イワシが旬を迎えました。カルシウムやビタミンDといった栄養を豊富に含み、価格も手頃。上手に使いこなして食卓に取り入れましょう。

所要時間:25分

レシピ提供者:栄養士、料理研究家 高橋 紀三子さん(熊本市)

材料/2人分
イワシ
200g
ゴボウ
60g
カイワレダイコン
適量
レモン
適量
揚げ油
適量
【A】
卵黄
1個
片栗粉
大さじ1
みそ
小さじ2
砂糖
小さじ2
おろしショウガ
少々
作り方
  1. 1

    イワシは頭と内臓、大きな骨を取り除く。身を皮と小骨ごと包丁で叩くか、フードプロセッサーにかけて、すり身にし、Aを混ぜる。

  2. 2

    ゴボウは長めのささがきにする。

  3. 3

    (2)のゴボウ数本を包むように、(1)のすり身をだ円形に成形する。残りの材料も同様にする。

  4. 4

    170度の油で(3)を揚げる。こんがりと色付いたら油を切り、皿に盛る。根を切り落としたカイワレダイコンと、くし切りのレモンを添える。

ひとくちメモ

ゴボウはレンコンやニンジンに代えても◎。野菜を軸にしてすり身を成形することで、食べ応えが出ます。

このレシピを印刷する