【テーマ】イワシ料理(2)
家庭料理の定番食材の一つ、イワシ。小ぶりなものは包丁を使わず、手で身を開くこともできます。お酒のつまみにもなる2品を紹介します。

所要時間:25分

レシピ提供者:栄養士、料理研究家 高橋 紀三子さん(熊本市)

材料/2人分
イワシ(小)
4尾
キュウリ(小)
1本
ワカメ(生)
20g
適量
適量
ショウガの絞り汁
適量
【甘酢(ボウルで材料を合わせておく)】
大さじ2
砂糖
大さじ1
薄口しょうゆ
小さじ1
作り方
  1. 1

    イワシは3枚におろす。たっぷりの塩をふって5分置き、酢で洗う。ボウルに入れて、ひたひたになるまで酢を注ぎ、15分置く。

  2. 2

    キュウリは小口切りにして、多めの塩でもむ。水で洗い、水気をしっかり絞る。

  3. 3

    ワカメはザルに広げてさっと湯をかけ、水気をしっかり絞る。

  4. 4

    (1)のイワシの皮をむき、ひと口大に切る。ボウルに入れて、(2)、(3)を加える。甘酢であえ、ショウガの絞り汁をかける。

ひとくちメモ

青魚に塩をふって余分な水分を抜き、さらに酢洗いするという2つの手間で、より臭みを抜くことができます。

このレシピを印刷する