薄くスライスしたリンゴをバラの花のようにあしらったマフィン。手軽に作れるのに、パッと目を引くオシャレな見栄えがうれしいですね。

教えてくれた人:福島 朝羽さん/熊本市
泡立てた生クリームを生地に使うと、バターやメレンゲを使用しなくても、ふわふわ食感に。手軽で時短になり、砂糖も比較的少ない量に抑えられます。“インスタ映え”も◎。

材料/マフィンカップ6個分
リンゴ(紅玉)
1個 ※なければ同じ大きさの他の品種でもOK
生クリーム
100cc
砂糖
50g
1個
薄力粉
100g
ベーキングパウダー
小さじ1/2
洋酒(お好みで)
小さじ1
作り方
  1. 1

    リンゴはよく洗い、皮ごと4等分のくし形に切って芯を取り、薄くスライスする。容器に入れ、ふた、またはラップをして電子レンジ(500W)で4分加熱し、しんなりさせる。

  2. 2

    ボウルに生クリームと砂糖を入れ、ハンドミキサーでぽってりとした8分立てに泡立てる。さらに、卵を割り入れて混ぜ合わせる。

  3. 3

    薄力粉とベーキングパウダーを合わせて(2)にふるい入れ、ゴムベらでさっくりと混ぜ合わせる。お好みで洋酒を加えてサッと混ぜる。

  4. 4

    マフィン型に、紙またはアルミのカップを敷き、(3)の生地をスプーンですくい、均等に入れる。

  5. 5

    (1)のリンゴを、小さいほうから大きい順に少しずつ重ねながら横に並べる。これを6列作る。

  6. 6

    (5)を小さいほうの端からくるくると巻いてバラの形に整え、(4)の生地の上にのせる。

  7. 7

    180~190℃に温めたオーブンで25~30分焼く。

POINT

リンゴのスライスの小さいほうを内側にし、大きいほうを外側にすると、きれいなバラの花になります。(5)のとき、小さいものから大きい順に並べて巻くと簡単です。

このレシピを印刷する