何層にも重なった繊細な口当たり。小豆あんのクリームで和風に仕上げました。

教えてくれた人:毛利良子さん/熊本市
フランスでは、2月2日はクレープを食べる風習があるそうです。フライパンで手軽に作れるので、クレープの日にあやかり、作ってみませんか。

材料/直径22cmの生地約20枚分
薄力粉
180g
砂糖
大さじ4
卵(L玉)
3個
牛乳
360㏄
生クリーム
大さじ2
有塩バター
30g
生クリーム
約170cc
小豆あん
約400g
サラダ油
少々
抹茶
お好みで
作り方
  1. 1

    薄力粉と砂糖を合わせ、ボウルにふるい入れる。中央をくぼませて、粉をリング状にする。

  2. 2

    別のボウルに卵を割りほぐし、牛乳、生クリーム大さじ2を混ぜ合わせる。1

  3. 3

    (1)のくぼみに(2)の卵液を少しずつ流す。周囲の粉を削り取るようにして、泡立て器で少しずつ混ぜる。粉気がなくなるまで滑らかに混ざったらOK。
    ※一度に混ぜるとダマになるので、徐々に混ぜましょう

  4. 4

    バターをレンジ(500W)に20~40秒かけて熱々に溶かし、(3)に加えて混ぜる。ラップをかけて約30分休ませる。

  5. 5

    あんクリームを作る。生クリーム約170ccはぽってりとした7~8分立てに泡立てる。

  6. 6

    小豆あんを滑らかに練り、(5)の生クリームを少量加えて混ぜ、柔らかくのばす。均一に混ざったら、残りの生クリームの中に加えて混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やす。

  7. 7

    フライパンにサラダ油を薄くなじませ、やや弱火にかけて温める。(4)を玉じゃくし1杯分流してフライパンを回し、手早く丸く広げて焼く。生地の縁が乾いてキツネ色になったら、裏返してサッと焼き、取り出す。取り出したら、乾燥しないようにフタかラップをかぶせて冷ます。残りの生地も同様にして計20枚ほど続けて焼く。

  8. 8

    冷ました生地に(6)のあんクリームを一面に薄く塗る。この作業を繰り返し、生地を積み重ねる。出来上がったらラップをかけ、冷蔵庫でしばらく形を落ち着かせる。お好みで抹茶を茶こしでふりかけ、仕上げる。

POINT

生地作りでは、粉と卵液を少しずつ混ぜ合わせることと、バターを熱々に温めて加えることが大事です。無塩バターを使う場合は、塩をひとつまみ加えましょう。

このレシピを印刷する