春のお彼岸といえば「ぼたもち」。定番の小豆あんもいいですが、変わりあんでアレンジするのも楽しいですよ。

教えてくれた人:毛利良子さん/熊本市
小豆あんを手作りすると手間も時間もかかりますが、変わりあんなら手軽に作れます。冷めたら締まって硬くなるため、少し軟らかい状態で火を止めましょう。練り過ぎに注意。

材料/小さめ20個分
もち米
2合
砂糖
360cc
【枝豆あん(10個分)】
枝豆(実のみ)
約300g
砂糖
70~80g
150cc
ひとつまみ
【きな粉あん(10個分)】
きな粉
120g
黒砂糖(粉)
60g
白すりゴマ
大さじ3
ひとつまみ
200cc
作り方
  1. 1

    もち米は洗って一晩水に浸しておく。ザルに上げて1時間ほど置く。

  2. 2

    (1)のもち米に分量の水を加え、炊飯器で炊く。炊き上がったら冷まし、20等分に丸める。

  3. 3

    枝豆あんを作る。枝豆は少し軟らかめに塩ゆでし、さやを外して薄皮をむく。

  4. 4

    (3)の枝豆、砂糖、水をフードプロセッサー(またはミキサー)にかけ、ペースト状にする。

  5. 5

    (4)を鍋に移して中火にかける。木べらで混ぜながら、水分がなくなるまで煮詰める。混ぜると鍋底が見え、すくい落とすとボタッと落ちるくらいの硬さになったらOK。塩で味を調え、火から下ろしてそのまま冷ます。

  6. 6

    きな粉あんを作る。鍋にきな粉、黒砂糖、白すりゴマ、塩、水を入れ、よく混ぜ合わせる。中火で混ぜながら煮詰め、(5)の枝豆あんと同じ硬さになったら火から下ろしてそのまま冷ます。

  7. 7

    (5)と(6)のあんをそれぞれ10等分する。適当な大きさに切ったラップに1個ずつあんを広げ、(2)をのせて包む。あれば、きな粉あんの上にケシの実を、枝豆あんには枝豆の実をのせて出来上がり。

POINT

きな粉はまぶすことが多いですが、あん状にすると粉が散らばらず、食べやすいですよ。黒砂糖がないときは、三温糖や上白糖でOK。

このレシピを印刷する