暑い夏を乗り切る代表的な野菜「ゴーヤー」を使った2品。豚肉のビタミンB、タンパク質と、ゴーヤーのビタミンCを一緒に取ると、夏バテ防止にも効果大ですよ。

教えてくれた人:池田春香さん/菊陽町

材料/2人分
ゴーヤー
10cm分
タマネギ
40g
ベーコン
2枚
ミニトマト
2個
【マリネ液】
大さじ2
オリーブオイル
小さじ1
砂糖
大さじ1
作り方
  1. 1

    ゴーヤーは縦半分に切り、中のワタを取り除いて薄くスライスする。タマネギも薄切りにし、ベーコンは1cm幅にカットする。

  2. 2

    小鍋に、水1カップと塩小さじ2(いずれも分量外)を沸かし、ゴーヤーを15秒ゆでる。

  3. 3

    (2)にベーコンを加え、すぐにザルに返す。水にはさらさず、そのまま冷ます。

  4. 4

    ボウルにマリネ液の材料を合わせ、軽く絞った③とタマネギを加える。冷蔵庫でよく冷やして器に盛り、ミニトマトの輪切りを添える。

POINT

中華風炒め煮のゴーヤーは、最後にサッと合わせるくらいの方が色よく仕上がるので、蒸すときは混ぜないでおくこと。少し硬めの食感でいただくのがお薦めです。

このレシピを印刷する