暑い夏を乗り切る代表的な野菜「ゴーヤー」を使った2品。豚肉のビタミンB、タンパク質と、ゴーヤーのビタミンCを一緒に取ると、夏バテ防止にも効果大ですよ。

教えてくれた人:池田春香さん/菊陽町

材料/2人分
ゴーヤー
200g(中1本分)
ゴボウ
100g
豚バラ肉
150g
ショウガのみじん切り
15g
タマネギのみじん切り
1/3個分
少々
砂糖
小さじ1
甜麺醤(テンメンジャン)
大さじ3
豆板醤(トウバンジャン)
小さじ1
ごま油
大さじ1
作り方
  1. 1

    豚バラ肉には軽く塩をふっておく。ゴーヤーは縦半分に切って中のワタを除き、1cm幅に切って塩少々をまぶし下味を付ける。ゴボウは厚さ3mmの斜め切りにし、熱湯で2分ゆでザルに返す。

  2. 2

    砂糖と甜麺醤を混ぜてタレを作る。

  3. 3

    冷たいフライパンに油を引かず、豚バラ肉、豆板醤、ショウガを入れて軽く混ぜ、中火にかける。豚バラ肉の脂が出てくるまで炒める。

  4. 4

    (3)にゴボウ、タマネギを加え、軽く炒めて(2)を混ぜる。上にゴーヤーをのせ混ぜずにふたをして弱火で1分蒸し、ごま油をサッと絡める。

POINT

中華風炒め煮のゴーヤーは、最後にサッと合わせるくらいの方が色よく仕上がるので、蒸すときは混ぜないでおくこと。少し硬めの食感でいただくのがお薦めです。

このレシピを印刷する