24日は十五夜。やさしい甘さの卵あんを包んだおまんじゅうをお供に、中秋の名月を楽しみませんか。

毛利良子さん/熊本市

お月見の時季なので、満月をイメージし、黄色い卵あんを詰めたおまんじゅうを作りました。(5)のときは、生地の表面がスベスベになるまで、頑張ってこねましょう。

材料/8個分
中力粉(または薄力粉)
150g
砂糖
大さじ1/2
ひとつまみ
ドライイースト
小さじ1(予備発酵のいらないもの)
ぬるま湯
80cc
【卵あん】
3個
砂糖
100g
薄力粉
20g
牛乳
50cc
バニラエッセンス
少々
作り方
  1. 1

    卵あんを作る。ボウルに卵、砂糖、薄力粉、牛乳を混ぜ合わせ、網でこしながら厚手の鍋に移し入れる。

  2. 2

    (1)を中火にかけながら混ぜる。固まり始めたらごく弱火にし、あん状に練り混ぜて火から下ろす。バニラエッセンスを混ぜて冷まし、8等分にする。

  3. 3

    クッキングシートを7~8cm角に8枚切る。

  4. 4

    ボウルに中力粉を入れ、その上に砂糖とドライイーストをのせ、少し離して塩をのせる。砂糖の方にぬるま湯を注ぎ入れる。

  5. 5

    (4)を混ぜ、手でしっかりと7~8分こねる。生地の状態によって粉や水を少し加え、耳たぶよりやや軟らかめになるよう調節する。

  6. 6

    (5)の生地を8等分し、1つずつ丸く平たく延ばす。②のあんをのせて包み込み、閉じ口を下にして③のシートにのせる。

  7. 7

    暖かい場所で約25分、生地が少しふっくらするまで休ませる。※生地が膨らみ過ぎると、蒸した後、皮がしぼみやすくなります

  8. 8

    湯を張った蒸し器を火にかける。湯気が立ったら(7)をセットし、ふたをして強火で15分蒸す。

POINT

(7)~(8)では生地が膨らむので、くっつかないように間隔を取って並べること。特に蒸すときは十分に間隔を取っておきましょう。

このレシピを印刷する