そろそろ寒さも本番の季節。根菜類をたっぷり入れた、とろみのついた汁物で、心も体もポカポカに温まりませんか。

教えてくれた人:毛利良子さん/熊本市

おかずにもなる具だくさんの汁物です。具材の切り方は、イチョウ切りなどお好みでOK。大きさをそろえて切ると、見た目もおいしそうになりますよ。

材料/4人分
鶏もも肉
200g
ニンジン、ゴボウ
各100g
ダイコン、サトイモ
各150g
板コンニャク、豆腐
各100g
干しシイタケ
3~4枚
だし汁
800㏄
干しシイタケの戻し汁
200㏄
薄口しょうゆ
大さじ3
大さじ1
少々
片栗粉、水
各大さじ1
ネギ、ユズの皮
お好みで
作り方
  1. 1

    干しシイタケは300ccほどの水に2時間以上漬け、軟らかく戻す。片栗粉と水は混ぜておく。

  2. 2

    板コンニャクは7mm角に切り、下ゆでする。

  3. 3

    鶏もも肉は、余分な脂肪を取り除き、適当な大きさ(小さめ)に切る。

  4. 4

    干しシイタケとニンジン、ゴボウは7mm角に切り、ゴボウのみ水にサッとさらす。ダイコンとサトイモは1cm角に切る。

  5. 5

    鍋に、だし汁、シイタケの戻し汁、(2)(3)(4)の具材を入れ、火にかける。

  6. 6

    (5)が煮立ったらアクを取り、弱火にして具材が軟らかくなるまで煮る。

  7. 7

    薄口しょうゆ、酒を加え、塩で味を調える。豆腐を1cm角に切って加える。

  8. 8

    (1)の片栗粉をよく混ぜ溶き、(7)に少しずつ加えて混ぜ、とろみをつけて出来上がり。器によそい、小口切りにしたネギをのせる。お好みですりおろしたユズの皮、またはゆずこしょうを入れてもOK。

POINT

なるべく調味料は少なくし、だしを利かせたうま味のある味わいを楽しみましょう。それぞれの素材の味も引き立ちます。

このレシピを印刷する