イタリアにある海沿いの町、リボルノでよく食べられている料理。
香味野菜とハーブが効いた、風味豊かなトマトソースがたまりません。

教えてくれた人:沢田一葉さん/熊本市
トマトソースはパスタに絡めたり、肉や魚のソテーにかけたり、いろいろ使える万能ソース。1週間ほど保存できて重宝します。タラの代わりに、鶏肉でもおいしいですよ。

材料/3〜4人分
生タラの切り身
3〜4切れ
ニンニク
1片
イタリアンパセリ
4~5枚
唐辛子、ローズマリー、セージ
お好みで
オリーブオイル
大さじ3
トマト缶(カット)
1缶
塩、こしょう
各少々
砂糖
ひとつまみ
小麦粉
適宜
揚げ油
適量
小松菜
1束
作り方
  1. 1

    フライパンにオリーブオイル、みじん切りにしたニンニク、イタリアンパセリ、お好みで唐辛子、ローズマリー、セージを入れて中火にかける。

    フライパンにオリーブオイル、みじん切りにしたニンニク、イタリアンパセリ、お好みで唐辛子、ローズマリー、セージを入れて中火にかける。

  2. 2

    (1)の香りが立ってきたら、トマト缶、塩、こしょう、砂糖を加え、5分ほど弱火で煮る。

  3. 3

    生タラは一口大に切り、塩少々をふる。15分くらい置いて水分が出てきたら、キッチンペーパーでしっかりと拭き取る。

  4. 4

    (3)に小麦粉をまぶし、熱した揚げ油に入れて中火でじっくり揚げる。火が通ってきたら、少し火を強めてきつね色になるまでカラリと揚げる。

  5. 5

    (2)のトマトソースに(4)を入れ、再度火にかけながらよく絡める。

    (2)のトマトソースに4を入れ、再度火にかけながらよく絡める。

  6. 6

    ざく切りにした小松菜をサッと油で炒め、(5)と一緒に盛り付ける。お好みで、刻んだイタリアンパセリを散らす。

POINT

タラの水分を十分拭き取り、じっくり、こんがり揚げるのがポイント。塩ダラの場合、水1Lに塩大さじ2を溶いた塩水に約1時間漬けて、下味を付けずに使いましょう。

このレシピを印刷する