ハレの日のごちそうに欠かせない熊本の郷土料理。
見通しのいい一年を祈願して、わが家で手作りしてみませんか。

教えてくれた人:毛利良子さん/熊本市
中に詰めるからしみその配合は、味を見ながらお好みで調節を。自家製のみそだと自分好みに作れるので、辛いのが苦手な人でも食べられますよ。

材料/4本分
レンコン
4本
みそ
約160g
蜂蜜または砂糖
30~50g
和からし粉
20~40g
大さじ1~2
揚げ油
適量
【A】
中力粉
200g
ターメリック(粉)
小さじ1~2
塩、砂糖
各少々
160~170cc
作り方
  1. 1

    レンコンは泥を落とし、ゴシゴシとよく洗う。たっぷりの水と酢少々(分量外)、レンコンを鍋に入れて火にかける。沸騰してから3~5分ゆでて取り出す。

  2. 2

    (1)のレンコンを立てた状態にし、1~2時間置いて乾かす。

  3. 3

    和からし粉に湯を加え、よく練り混ぜたら、みそ、蜂蜜(または砂糖)と合わせて均一に混ぜ、平らな皿に適量盛る。

  4. 4

    (3)のみそに(2)のレンコンを上から押し付けるようにして、レンコンの穴にみそをしっかりと詰め込んでいく。

  5. 5

    全てのレンコンにみそを詰めたら、立てた状態で2~6時間置き、味をなじませる。レンコンの穴から押し出されたみそは取り除く。

  6. 6

    Aを混ぜ合わせ、もったりとした衣を作る。

  7. 7

    たっぷりの揚げ油を170℃に熱し、(5)に衣をしっかりと絡めて油に入れ、カラリと揚げる。

POINT

揚げたてがおいしいですが、きれいに切り分けるには、冷めてからがベター。和からし粉がないときは、市販の練りがらしでOKです。

このレシピを印刷する