お肉のうま味の後に広がる甘酸っぱくフルーティーな味わい。
黒酢ソースで、さっぱりと仕上げた一品です。

教えてくれた人:田尻澄子さん/熊本市
冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにもおすすめ。さっぱり食べられるので、食欲がないときにもいいですよ。三温糖がないときは、上白糖でOK。

材料/8個分
リンゴ
1個
バター
10g
三温糖
10g+10g
レモン汁
大さじ1
牛モモ薄切り肉
8枚(約250g)
オリーブオイル、粗びきこしょう
各適量
黒酢
大さじ2
(お好みで)しょうゆ
少々
付け合わせの野菜
適宜
作り方
  1. 1

    リンゴは水でよく洗う。厚めに皮をむいて、くし形に8等分する。皮は粗く千切りにする。

  2. 2

    フライパンを弱めの中火にかけ、バターをなじませリンゴを並べ、じっくりと両面を焼く。

  3. 3

    リンゴが少ししんなりしてきたら、三温糖10g、レモン汁、リンゴの皮の千切りを加える。水分がなくなるまで煮詰めたら火を止め、粗熱が取れるまで冷ます。

  4. 4

    牛薄切り肉を広げ、(3)のリンゴをのせて包む。

  5. 5

    フライパンにオリーブオイルを引き、(4)を並べて中火で焼く。粗びきこしょうをふり、ときどき転がしながらこんがりと全体を焼き付ける。

  6. 6

    (5)に、三温糖10g、黒酢、お好みでしょうゆを加える。フライパンをゆすりながら味を絡ませ、軽くとろりとするまで煮詰める。

  7. 7

    (6)を、お好みの野菜と盛り付ける。煮汁をかけ、ソテーしたリンゴの皮の千切りを添えて出来上がり。

POINT

牛肉は、リンゴを二巻きできるくらいの大きさがいいようです。巻きが浅くてほどけそうなときは、つまようじで留めて焼きましょう。

このレシピを印刷する