青シソやショウガの風味と、キュウリのシャキシャキ感が爽快!暑さで食欲が落ちる時季におすすめの、夏ご飯です。

教えてくれた人:毛利良子さん/熊本市
サケの代わりにアジの開きでもOK。すし酢は、酢大さじ4、砂糖大さじ3、塩小さじ1を混ぜ合わせて作れます。ご飯は少し硬めに炊いておきましょう。

材料/4人分
サケの切り身(甘塩)
2切れ
キュウリ(中)
2本
小さじ1/3~1/2
青シソ
7枚+仕上げ用3枚
ショウガ
1片
温かいご飯
2合分
すし酢
大さじ5程度
白ゴマ
大さじ2程度
作り方
  1. 1

    サケは焼いて骨を取り、身をほぐす。

  2. 2

    キュウリは厚さ1mmほどの輪切りにしてボウルに入れ、分量の塩をまぶしてしばらく置く。しんなりとなったら、手でよくもみ、きつく絞ってしっかりと水気を切る。

  3. 3

    青シソ、ショウガはごく細い千切りにしてサッと水にさらし、すぐに絞って水気を切る。

  4. 4

    温かいご飯にすし酢を回しかける。うちわなどで風を当てて冷ましながら、切るように混ぜる。味をみながらすし酢を加減し、好みの味にする。

  5. 5

    (4)の粗熱が取れたら、(1)(2)(3)の具材、白ゴマを加え、切るようにさっくりと混ぜ合わせる。

  6. 6

    仕上げに白ゴマを表面にふりかけ、千切りの青シソをのせる。

    ※お好みでミョウガの千切り、刻みのり、錦糸卵などをトッピングして楽しんでもOK

POINT

(2)でキュウリをしっかりともむと、歯応えが良くなります。(5)で具材を混ぜるときは、具材が変色しないよう、必ずすし飯の粗熱を取ってからにしましょう。

このレシピを印刷する