京都土産でおなじみの和菓子。
火を使わずに作ることができ、あんの包み方も簡単です。

教えてくれた人:森山ふみ子さん/熊本市
(8)で折り畳むとき、三角形の角がそろわなかったら、端を切りそろえてきれいな三角に整えましょう。中のあんは、白あんやカボチャあんなどでアレンジしてもおいしいですよ。

材料/9cm角6枚分
白玉粉
25g
120cc
上新粉
50g
きび砂糖
50g
シナモン
小さじ1/2
粒あん
70~80g
きな粉、シナモン
各15g程度
作り方
  1. 1

    耐熱ボウルに白玉粉を入れ、分量の水から4分の1量ほどを加えて箸で混ぜる。白玉の粒がなくなり、滑らかに混ざったらOK。

  2. 2

    (1)に、上新粉、きび砂糖、シナモン小さじ2分の1、残りの水を加え、均一によく混ぜる。

  3. 3

    (2)を、500wの電子レンジ(ラップ不要)で2分加熱して取り出す。加熱むらがある状態なので、箸でよくかき混ぜて均一の状態にする。

  4. 4

    (3)にラップをふんわりとかけ、再度電子レンジで1分半ほど加熱し取り出す。箸で1~2分、粘りとつやが出てくるまでしっかりと練り混ぜる。

  5. 5

    きな粉とシナモンを、むらがないようよく混ぜ合わせてまな板に広げ、(4)の生地をひとまとまりにして落とす。

  6. 6

    (5)の粉を生地全体にまぶしたら、なるべく四角形になるように手で押し延ばす。

  7. 7

    (6)をめん棒で厚さ2mm程度に延ばす。生地の端を直線に切り落とし、6等分の正方形にカットする。

  8. 8

    生地の中央に粒あんをのせ、三角形の二つ折りにして出来上がり。

POINT

(5)のとき、生地は必ずひとまとめにして落とし、生地の表面だけに粉をまぶすこと。生地の中に粉が入り込むと、生地がひび割れたようになるので注意しましょう。

このレシピを印刷する