南欧風の住まい「Mur Blanc」登場
オール漆喰仕上げや無垢材、
優れたデザイン性に注目

白亜の壁にオレンジ色の瓦屋根…。まるで地中海沿岸の町に建っているかのような『アイムホーム』の「Mur Blanc(ミュールブラン)」。自然素材にこだわった南欧風の住まいの魅力に迫ります。

「Mur Blanc」とはフランス語で“白い壁”という意味。その名の通り、真っ白な外壁と洗練されたデザインに目を奪われます。外壁はもちろん、内壁まですべてスペイン製の漆喰(しっくい)仕上げ。自然素材ならではの上質感と美しさが感じられます。吸湿性や放湿性に優れているだけでなく、キズや汚れが簡単に修復できるのも魅力です。『アイムホーム』の家は、標準仕様でも高性能なのが特長ですが、この「Mur Blanc」はさらにワンランク上の仕様を誇ります。


住まいから外構まですべて南欧風の仕上げ(写真はイメージ)

住まいから外構まですべて南欧風の仕上げ(写真はイメージ)

無垢材の床が重厚感を醸し出しています(写真はイメージ)

無垢材の床が重厚感を醸し出しています(写真はイメージ)

職人が手作業で仕上げる漆喰の壁がすてきな空間を演出(写真はイメージ)

職人が手作業で仕上げる漆喰の壁がすてきな空間を演出(写真はイメージ)

屋内には南欧の風土をほうふつとさせる空間が広がります(写真はイメージ)


室内に入ると、思わず深呼吸したくなるほど空気が澄んでいることに気づきます。これは、ダクト式熱交換換気システムで室内の給気・排気を24時間行うので、窓の開閉をしなくても新鮮な空気が満ちているのです。

さらに床材は、世界各地から厳選した銘木をドイツのメーカーが仕上げた無垢(むく)材を採用。厚みのある天然木は、足裏から伝わる木の温もりと弾力が心地よく、素足で過ごしたくなります。アレルギーやシックハウス症候群の人にもおすすめです。

同社では減震パッキン「UFO-E」を標準仕様。耐震性能も兼ね備えています。また、「Mur Blanc」の断熱性能の高さにも注目。パルプ100%のアメリカの新聞紙(セルロース)が原料の断熱材を使用した「アップルゲートセルロース断熱」、室内の省エネ性を高めるハイブリッド窓などにより、冬でも暖かい住まいを実現しています。そのほか、人造大理石のキッチンや食器洗い乾燥機、浴室暖房乾燥機など、充実した設備も見逃せません。

2019年3月頃には、菊池郡大津町室の翔陽台に「Mur Blanc」のモデルハウスが完成予定です。

真っ白な壁とオレンジ色の瓦屋根のコントラストが美しい外観(写真はイメージ)


長く安心して暮らせる家を

『アイムホーム』では、土地探しから施工まで、トータルで家づくりをご提案。標準仕様の家から今回ご紹介したハイグレードの「Mur Blanc」まで、長期にわたって安心・安全な暮らしを実現できる家づくりを追求しています。また、ZEHビルダー登録店であり、2020年に義務化される省エネ基準も標準仕様。2019年1月には、熊本市中央区世安でゼロエネ(ZEH)住宅の「完成見学会」を実施予定です。ぜひお気軽にご来場ください。

『アイムホーム』代表取締役の荒木衛治さん

『アイムホーム』代表取締役の荒木衛治さん

もっと詳しくみる

お問い合わせ

アイムホーム(TDホーム熊本北)

住所
熊本市北区武蔵ヶ丘7-2-3
TEL
096-288-0812 (受付時間9:00〜18:00、無休)
Web
https://www.i-am-home.net/
Facebook
https://ja-jp.facebook.com/株式会社アイムホーム-231751390539243/