強い信頼関係から生まれる
お客様の思いを反映した、
世界に一つだけの家づくり

「一生に一度のマイホームだから、すてきな家を建てたい」と思っても、自分のイメージが漠然としていて、どうしていいのか分からないことってありますよね。家づくりはビルダーと二人三脚で作り上げるもの。だからこそ自分が納得できるまで話し合うことができる担当者に出会えることは、満足のいく家づくりには欠かせません。

「どこまでも、いい家を」がモットーの『サキ一級建築設計事務所』が一番大切に考えているのが、施主との密接なコミュニケーション。同社はお客様と家のデザインを話し合う際、3つのことをポイントにしているそうです。まず1つ目は、お客様の好きなデザインやイメージを確認すること。写真や雑誌などを一緒に眺めながら話し合います。「打ち合わせの第一歩として、お客様とイメージをしっかり共有できることが大切だと考えています」と企画室の髙山勇樹さん。


木目調のナチュラルな空間。色彩豊かなタイルやダウンライトなど、随所にこだわりが光ります

木目調のナチュラルな空間。色彩豊かなタイルやダウンライトなど、随所にこだわりが光ります

幅をたっぷり確保したキッチンの背面ボード。食器から電化製品まで収納できるので、急な来客の際も安心です

幅をたっぷり確保したキッチンの背面ボード。食器から電化製品まで収納できるので、急な来客の際も安心です

ウオークインクローゼット内に設けられたスペース。隠れ家的な空間で、忙しいお父さんやお母さんもゆっくり一人の時間を過ごせます

ウオークインクローゼット内に設けられたスペース。隠れ家的な空間で、忙しいお父さんやお母さんもゆっくり一人の時間を過ごせます

ロフト付きの平屋は天井が高く、開放感抜群。白を基調にした空間に、階段や梁(はり)ナチュラルな色がアクセントとして効いています


2つ目は、お客様のライフスタイルを確認すること。家族構成や職種、出勤時間、家族と過ごす時間、日課などについて、何げない会話をしながら聞き取っていきます。そうすることで、施主の生活に寄り添った家づくりが可能になるそうです。
そして3つ目は、お客様の趣味や好きなこと、色の好みをヒアリングすること。「余暇の過ごし方から好きなスポーツまで、たわいない会話から見えてくるお客様の個性も大切にしています」

「お客様の希望をそのまま取り入れるのではなく、お客様とのコミュニケーションの中でにじみ出てくる思いをデザインに反映させた、世界でたった一つだけの家づくりを目指しています」と髙山さん。「そのため、一つの提案だけではなく+α(プラスアルファ)の提案もするように心掛けています」と話します。そんな真摯(し)な姿勢から、次第にお客様と強い信頼関係が結ばれるそう。最後には「すべて任せる」と信頼を寄せてくれるお客様も現れるといいます。これまで同社で家を建てた方から、新たなお客様を紹介してもらうケースも多いそうで、施主との信頼関係の高さがうかがえます。


空からの採光を意識し、LDKの一部が吹き抜けに。天井近くの大窓から日差しがたっぷりと注ぎ込みます

空からの採光を意識し、LDKの一部が吹き抜けに。天井近くの大窓から日差しがたっぷりと注ぎ込みます

都会的で洗練された雰囲気のLDK。小上がりの和室が空間をよりスタイリッシュに演出しています

都会的で洗練された雰囲気のLDK。小上がりの和室が空間をよりスタイリッシュに演出しています


9月下旬、同社の「光の森プランニングオフィス」がオープン。お客様との打ち合わせスペースや家づくりに関するセミナーコーナーも備えています。建物から内装まで、至る所に同社ならではのセンスが光る空間は必見ですよ。
また、10月下旬〜11月ごろにかけて、3棟の「完成見学会」を県内各地で次々と開催予定。詳細は同社のホームページまたはfacebookで確認してください。


ホームページで施工事例を多数公開中!

弊社のホームページでは多くの施工事例を公開しています。いずれもお客様と一緒に考え作り上げた、世界に一つだけの住まいです。見学会やセミナーも随時開催していますので、まずは気軽にお問い合わせください。

サキ一級建築設計事務所 企画室 髙山勇樹さん

もっと詳しくみる

お問い合わせ

サキ一級建築設計事務所

住所
熊本市北区弓削6-22-24
TEL
0120-515-001 (受付時間9:00〜18:00)
Web
https://saky.jp
Facebook
https://www.facebook.com/Sakykumamoto/
メール
plan@saky.jp