コミュニケーションを大切に
施主と真摯に向き合う
強い信頼関係で結ばれた家づくり

「一生に一度のマイホームを建てるなら、絶対に失敗はしたくない。だからこそ、信頼のおけるビルダーに出合いたい」—。そんな人は『サキ一級建築設計事務所』に相談してみてはいかがでしょうか。

「どこまでも、いい家を」がモットーの同社では、お客様との信頼関係を築くために、一人の担当者が設計から現場管理、アフターケアまですべて担当するそうです。「最も大切にしているのが、何げない会話の中でお客様が思い描いている住まいのイメージをしっかりつかむことです」と企画室の髙山勇樹さんは話します。伝えることがあまり得意でないお客様との間でも、コミュニケーションを密に取りながら、会話の中からお客様が見ているポイントを探していきます。「そのうちお客様も楽しくなってこられるようで、どんどん希望を話してくださるんです」。資金面や環境面で制約がある中で、“いいものをつくる”ために優先順位を考え、お客様のライフスタイルや趣味、好きなことを考慮しながらデザインの提案を作り上げていきます。


空からの採光を意識し、LDKの一部が吹き抜けに。天井近くの大窓から日差しがたっぷりと注ぎ込みます

空からの採光を意識し、LDKの一部が吹き抜けに。天井近くの大窓から日差しがたっぷりと注ぎ込みます

LDKの一角にハンモックを設置。デザイン性と遊び心が融合しています

LDKの一角にハンモックを設置。デザイン性と遊び心が融合しています

キッチンの一部にマグネットがつく壁材を採用。メモなどを貼れるだけでなく、文字やイラストを直接書くことができ、お手入れも簡単です

キッチンの一部にマグネットがつく壁材を採用。メモなどを貼れるだけでなく、文字やイラストを直接書くことができ、お手入れも簡単です

2階の部屋から、隠れ家を意識したロフトへと続く階段

2階の部屋から、隠れ家を意識したロフトへと続く階段


コストに対する意識も高い同社。全国5500軒の「工務店ネットワーク」を生かし、徹底したコスト管理と業務システム化・効率化、人件費などのコストダウンを実現しています。髙山さんは「他社にはできない“価格以上の意匠性”や“価格以上の価値”を提供していくのが私たちのポリシー。他社の同クラス・同サイズの家と比較しても、価格やデザイン性に自信を持っています」と胸を張ります。
また、家を建てる際はついイニシャルコスト(初期費用)ばかりに目がいって、ランニングコスト(維持費)のことを見落としがち。けれども同社では、耐久性の高い外壁材を用いるなど、イニシャルコストをかけてランニングコストを抑えることを心掛けているそうで、「メンテナンスが楽な上、資産価値も高まります」とアドバイスします。


車とバイクを収納できる憧れのガレージ付き住宅

車とバイクを収納できる憧れのガレージ付き住宅

ガレージ付き住宅の内部。お父さんが趣味の車とバイクを楽しめる広々としたスペースです

ガレージ付き住宅の内部。お父さんが趣味の車とバイクを楽しめる広々としたスペースです


もちろん、安心・安全な家づくりに対する姿勢も徹底しています。同社では、地震にも安心な耐震性能が標準仕様に含まれています。また、高い気密性・断熱性で、夏は涼しく冬は暖かい快適な住環境を提供しています。さらに、住まいの引き渡しが終わった後でも、定期的なメンテナンスや各種点検を実施するなど、アフターサービスも徹底。「長く住む家だからこそ、安全で快適なのは当たり前ですからね」。
前職のインテリアメーカー勤務時代、お客様が満足することへの喜びやホスピタリティーを学んだという髙山さん。その言葉に、家づくりに真面目に向き合う熱い思いを感じました。


お客様と一緒に考える家づくり

一緒に話し合いながら、納得のできる家づくりをしませんか。できないことではなく、できることを一緒に考えていければと思っています。9月下旬には、お客様との打ち合わせスペースやセミナーコーナーを備えた「光の森プランニングオフィス」がオープン。完成見学会やセミナーも随時開催中ですので、まずは気軽にお問い合わせください。

サキ一級建築設計事務所 企画室 髙山勇樹さん

もっと詳しくみる

お問い合わせ

サキ一級建築設計事務所

住所
熊本市北区弓削6-22-24
TEL
0120-515-001 (受付時間9:00〜18:00)
Web
https://saky.jp
Facebook
https://www.facebook.com/Sakykumamoto/
メール
plan@saky.jp