機能性や防犯にも配慮
建築のプロが自分で住みたい
家を提案しています

外観は黒で統一されたシックな雰囲気。家の中に入るとまず、オープンスタイルで明るく開放的な18畳のLDKが出迎えてくれます。リビングに隣接したインナーテラスには、格子状の目隠しがあり、窓を開けても外からの目が気になりません。天井近くの高い位置に窓が設置されたリビングは、その窓を開ければ自然の風が室内に入り、心地よい空間をつくり出します。小上がりの畳スペースもあり、造作の机もあります。ロールスクリーンで仕切ることができ、ちょっとした書斎のような感じです。


18畳のLDK。奥に見えるのがタイル張りのインナーテラスにつながる窓

18畳のLDK。奥に見えるのがタイル張りのインナーテラスにつながる窓

インナーテラスに設置された格子状の目隠し。風や日差しを通しながらプライバシーをしっかりと守ります

LDKの一角にある畳スペース。造作の机や収納も便利そうです

LDKの一角にある畳スペース。造作の机や収納も便利そうです

リビングを一望できるキッチン。ウオークスルークローゼットにもつながっています

リビングを一望できるキッチン。ウオークスルークローゼットにもつながっています


家事動線にも注目です。LDKのすぐ横にはウオークスルークローゼットを配置。キッチンからクローゼット、洗面所や浴室につながっていて、洗濯物を畳める作業スペースもあります。

おしゃれなアイアン手すりがついた階段を上り、2階へ。子ども部屋には造作のカウンターデスクやクローゼット、入り口の扉がそれぞれ2つずつ設置されています。子どもが2人になっても2部屋に分けて使うこともできます。


キッチン背面にある造作の食器棚。明るく清潔感にあふれています

キッチン背面にある造作の食器棚。明るく清潔感にあふれています

ウオークスルークローゼット。造作のカウンターはママの作業スペースとして活躍しそう


ほかにも注目ポイントは盛りだくさん。玄関にはキーレスで入ることができるスマートキーを採用。さらに防犯カメラも設置されていて、防犯対策もばっちりです。

「これまでの経験をもとに“私だったらこんな家に住みたい”と自信を持っておすすめできる家を提供しています」と『セルウッド』代表取締役の江藤彰太さん。訪れたお客さんからは「全てが理想的!」とのうれしい意見をもらうことも多いそうです。


子ども部屋。カウンターデスクや収納が2つずつ設置されています

主寝室の窓は高い位置にあるため、カーテンを付けなくても外からの目が気になりません

主寝室の窓は高い位置にあるため、カーテンを付けなくても外からの目が気になりません


土地探しから気軽にご相談を

家づくりの専門家として長年培った経験を生かし、お客様の立場に立った家づくりの提案を心掛けています。また当社の住まいは、実際に足を運んでいただければその良さがきっと分かっていただけると思います。いつでも見学可能(要予約)です。土地探しの相談もお気軽に。まずは一度、足を運んでみてください。

『セルウッド』代表取締役の江藤彰太さん

『セルウッド』代表取締役の江藤彰太さん

もっと詳しくみる

お問い合わせ

Celwood株式会社

住所
熊本市東区小峯2-9-1
TEL
096-297-8628 (受付時間10:30〜16:30、日曜休)
Web
http://celwood.jp/