熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

表のゴキブリはだれが踏みつぶしたの

熊本母

表の油虫ゃー、だるがふんびしゃだつかい


家に2人しかいなければたぶん当の、奥さんですよ、奥さん。でも、こうした場合はー。

「知らん間におるが、ふんつぶしたつだろね」と言うのが家庭平和のため。なぜって、それが長い間にお父さんが身に付けた知恵です。「娑婆知恵(しゃばぢえ)」。学校では教えてくれません。


※この連載などをまとめた「右さん左さんぎゃんぎゃん熊本弁コージ苑リターンズ」が絶賛販売中です。
※ご意見、問い合わせは yokatai@kumanichi.co.jp までメールで。