熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

もう少し、ちゃんとしなさい

熊本母

まちっと、ぴしゃっとせんね


高校生は反抗期で、親にはわざと「だらーっと」した態度を見せがちです。「ぴしゃっと」でなく「しゃんとせんね」とも。「ずんだれとらんで、ぴしゃっとせんか」。昔の先生はよく言いました。今は「男らしく」などと言おうものなら、なにやかやとやかましい。その点でも「ぴしゃっと」は便利な言葉です。


※この連載などをまとめた「右さん左さんぎゃんぎゃん熊本弁コージ苑リターンズ」が絶賛販売中です。
※ご意見、問い合わせは spice.spice@kumanichi.co.jp までメールで。