熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

足の裏をひっかくから、くすぐったい

肥後姉

足の腹ばかかじるけん、こちょばいかタイ


「足の裏」は「足の腹」。「くすぐる」は「こちょぐる」です。「コチョコチョ」ってやるじゃないですか。「くすぐったい」は「こちょばいか」。くすぐり合うのは「こちょぐりやっこ」。夫婦でやると、ちょっと生臭いです。


※この連載などをまとめた「右さん左さんぎゃんぎゃん熊本弁コージ苑リターンズ」が絶賛販売中です。
※ご意見、問い合わせは spice.spice@kumanichi.co.jp までメールで。