熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

少しばかり酸っぱいみたいだなあ

熊本父

ちーっとばっかり酢(し)いかごたる


「暑い」は「暑か」と言う熊本弁「イカの法則」に従えば「酸い」は「酸か」でも良さそうなものですが、「酸いか」。とっても酸っぱい時には「あー、しーか」と発音します。「梅干しの酸ゆして酸ゆして、思うたばかりで口水の出る」。「くちみず」は唾液。


※この連載などをまとめた「右さん左さんぎゃんぎゃん熊本弁コージ苑リターンズ」が絶賛販売中です。
※ご意見、問い合わせは spice.spice@kumanichi.co.jp までメールで。