熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

鍋に焦げついて、こそいでも取れないわ

熊本母

鍋にこばりついて、こさいだっちゃ取れん


「こばりつく」は主に焦げたりしてしつこく張り付いた様子。シールも「こばりつく」です。「こそぐ(刮ぐ)」も、九州では「こさぐ」の言い方が優勢。「こしゃーだっちゃ取れんときゃ重曹で煮っと良かバイ」と母の知恵。


※この連載などをまとめた「右さん左さんぎゃんぎゃん熊本弁コージ苑リターンズ」が絶賛販売中です。
※ご意見、問い合わせは spice.spice@kumanichi.co.jp までメールで。