熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

間食ばかりしてたから、ご飯がはいらない

熊本母

はざ食いばかりしとったけん、ご飯のいけん


「忙しくてタバコ吸う暇もない」は、「忙しゅうしてタバコ吸うはざもなか」。この「はざ」は「間」。「はざ食い」イコール「間食」です。「ご飯が進む」は「めしのいくる」。「もーいけん」と言ったら「おなかいっぱい」です。でもアイスやお菓子は「別腹」。便利な言葉です。


※筆者は熊本市東区在住。言葉は益城町出身の母の影響を強く受けています。
※ご意見、問い合わせは spice.spice@kumanichi.co.jp までメールで。