お正月の祖父母と孫の会話を熊本弁でお楽しみください。

3本立ての(1) 2年ぶり軍団来襲

じいさん

去年なコロナで大ごつだったばってん、ヨカこつもあったなあ。孫にお年玉せびられんで済んだ。

ばあさん

そうなあ、年金暮らしにゃきつかもんなあ。正月にゃかねては寄り付きもせん次男、三男まで子どもば引き連れて来るもん。

早速、次男一家ご到着。

孫1号

ばあちゃん、おめでとう。
お年玉もらいにきたバイ。

孫2号

今年は2年ぶりだけん、特別加算金もあるとだろ。

じいさん

もう来たかい。来るなりお年玉、お年玉しか言わんとだけん。よしよし、お前たちにゃ『特別出さん金』ばやろ。

用語解説

【せびる】

ねだる

【かねて】

日ごろ


3本立ての(2) 顔見せんと、忘るる

ばあさん

正月ばかり来んで、ときのにゃ顔見せんかい。顔もうつ忘りょうてしよる。

じいさん

そぎゃんそぎゃん。だいたいばあちゃん、ばあちゃんて、ばあちゃんの名前と誕生日ぐらい知っとるとかい。じいちゃんが名前も。

孫3号

そぎゃん昔のことは知らーん。そんならじいちゃんは兄ちゃんと私の名前はちゃんと言いきるね?

じいさん

当たり前タイ。『よくはる』と『こすか』だったろ。

孫3号

違うよ、『よしはる』と『あすか』バイ。

じいさん

にくじ、間違えたったい。

用語解説

【ときの】

時々

【うつ忘れる】

うち忘れる、忘れる

【こすか】

ずるい

【にくじ】

この場合は「皮肉で」


3本立ての(3) いくつになっても子は子

じいさん

むぞらしゅうはなかったっちゃ、孫は孫だけん、お年玉なっとやろうタイ。ハイ少なかバッテンね。

孫1号

ありがとう。バッテンおじいちゃんな生活は大丈夫? 高齢者の貧困てよう聞くタイ。

ばあさん

そぎゃんして、ちっとはやさしかところもあるねえ。大丈夫、じいちゃんはきのうお母さんからお年玉ばもらいなはったけん。

孫2号

おじいちゃんのお母さんて、あの百超えた人ね。まーだもらいよっと?

じいさん

しょんなかタイ、やらすとだもん。いくつになっても子は子タイ。

孫2号

なん言いよっとね。もう年も明けたつよ。ことしは丑(うし)年じゃなく寅(とら)年。『モー、たいぎゃー』にしなっせ。

用語解説

【むぞらしい】

かわいらしい

【しょんなか】

しょうがない

【たいぎゃ】

大概。
タイガーのしゃれです。
モーは丑年。
念のため。