熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

諸事情があって、会長を引き受けたよ

熊本父

余儀にゃー案配で、会長にきゃーなった

熊本父


「余儀なき」の具体的な理由は「もにょもにょ」。困った顔を装いつつ得意げな表情が横切ったのを、奥さんは見逃しません。

「受けたなら、しょんなかタイ。何の得にもならんとに」と奥さんも内心、誇らしい思い。

お父さん「うん」と言いつつ、報酬があるのは絶対ナイショ。


※この連載などをまとめた「右さん左さんぎゃんぎゃん熊本弁コージ苑リターンズ」が絶賛販売中です。
※ご意見、問い合わせは spice.spice@kumanichi.co.jp までメールで。