熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

犬はかみつかれないよう、下から触るんだよ

熊本兄

犬はかんつかれんごつ、下かるせせらにゃんバイ


「犬は」も正確な発音は「いな」。「INUWA」の弱い母音と子音の「UW」が省略されたのですね。おお、何とアカデミックな。

犬は上からせせろうと(触ろうと)すると警戒してかみつきます。一方で、自分より弱いと思う犬には、ほえたりしません。何、弱い立場の部下にはかみつく、上司にも見習ってほしいって? 通俗的な。


※筆者は熊本市東区在住。言葉は益城町出身の母の影響を強く受けています。
※ご意見、問い合わせは spice.spice@kumanichi.co.jp までメールで。