熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

天気がいいから植木市でも行くか

熊本父

天気の良かけん、植木市なっと行こバイ


「カライモのフライば買(こ)うて、ツケアミとデコポンゼリーも買わにゃんなあ」

「なんね、食ぶっとばかりタイ。植木は見らんと(見ないの?)」

「もう植ゆるところんなかしなー(植えるところがないし)」


最近の家は50坪程度に駐車場2台。庭のスペースはわずか。ところが植木市の庭は広いのばかり。

「時代に合(お)うとらん」

※筆者は熊本市東区在住。言葉は益城町出身の母の影響を強く受けています。

ご意見、問い合わせはyokatai@kumanichi.co.jpまで。