熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

黄色帽子の子どもたちが一緒に登校よ

熊本母

黄なか帽子の学校生徒がつんのうで行きよる


熊本の母なら黄色は「キナ」。「濃い」は「濃ゆい」と言わなくてはなりません。

「こん前までこーまかったとが、ヒゲは生ゆるし声はひーくなって」

ましてや顔まで父親に似てきたとあってはなおさら。

「バッテン、誕生日には花ばくれたとよ。あっで、むぞらしかところもあっとだけん(かわいいところもあるのだから)」


ご意見、問い合わせはyokatai@kumanichi.co.jpまで。