熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

ゲームばかりしてると、今にお父さんが怒るよ

熊本母

ゲームばっかしよっと、いんま、お父さんのはるかかすタイ


「いんま」は「今に」。「怒る」は「はるかく」とか「はりかく」と言います。

今の親の難題はゲーム、長じては「スマホ」のコントロールです。禁じたら「のぼせる(夢中になる)」し、許せば「キリものー(際限なく)」する。

「お母さんのおしゃべりと同じタイ」。その通りだが、通信料のかからんのだけが利点か。


※筆者は熊本市東区在住。言葉は益城町出身の母の影響を強く受けています。