熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

なーに。時々しか来ない、次男の嫁には愛想良くして

熊本嫁

なんね、ときのにしか来ん、次男の嫁には会釈の良うして


「時々」は「ときの」。誰への不満かというと、しゅうとめへの不満。

「長男の嫁は、なんでんしてやっとは当たり前。送り迎えしても、服ば買(こ)うてやっても、礼も言わっさん」

これは万有引力の法則と並ぶ「長男次男嫁の法則」。次男嫁は力いっぱい愛想はいいが、「お母さん、今度ゆっくりお泊まりにおいでよ」などとは口が裂けても言いません。


※同様のコラムを集めた「ななな、ななななな? 熊本弁コージ苑」が好評発売中。