熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

(息子は)のんびりしてるので、じゃんじゃん鍛えてください

熊本母

てれーっとしとりますけん、びゃんびゃん鍛(きと)うてハイヨ


鉄は熱いうちに打て―。今ではこんなことを頼むお母さんも少なくなりました。「鍛える」は「きたう」。私の高校の時の柔道の先生が、その名も「北井先生」で、名前からして鍛われそうでした。

また、「あたが母ちゃんから鍛われよる」と言われたら、体を鍛えられているのではなく「無理難題を言われている」の意味です。


※ご意見、問い合わせは yokatai@kumanichi.co.jpまでメールで。