ロハスとは健康的で、環境に優しく、持続可能なライフスタイルを目指すこと。2人の男の子を育てながら、保育士をしています。いろいろな気づきをもらう中で、子どもたちが暮らす将来の環境を守ることにも興味を持ち、「ゆりかごを揺らす手は世界をも変える」という言葉をモットーにさまざまなことを実践するようになりました。いくつかご紹介する中で、この輪が広がっていくことを願っています。
②「布オムツ」 ゆる~く楽しく、チャレンジ

2人の子育てで、布オムツを使いました。きっかけは、友人から布オムツを頂いたこと。
すぐに影響を受けた私は、早速チャレンジ。外出先でも手際よく布おむつを替えている方を見かけました。

手作りするなら、さらしを120㎝程の長さに切り、輪になるように端を縫うだけ。それを、2つ折りにしておむつカバーの中に敷いて使います。
布オムツチャレンジは、私にとって良いことづくめ! ゴミは減るし、臭くないし、節約になるし、何より肌に優しい。
それに、オムツを買いに行く手間も省けるし、布の折り方を変えたら、いろんなサイズにできます。
一番良かったのは、早くオムツが外れること。うちでは子供たち2人とも、1歳10カ月で完全にパンツになりました。

家では布オムツ、外出時は紙オムツと併用してもいいですね。
休日だけ、昼間だけ、オムツ替え2、3回につき1回だけなど、ゆる~く楽しく、布オムツにチャレンジしてみてください。

布オムツとオムツカバー