熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

そんなに身もふたもない 言い方をしてはだめだよ

熊本男

そぎゃん、じきたくり言うとでけん


地震で改築の計画。当方の予算を恐る恐る切り出すとー。「そっじゃ、内装のクロス代にもなりまっせんバイ」と業者。

こんなときは「ちっと予算の合わんごたるですなあ」と柔らかに。最近は高飛車な業者も多く「地震景気が落て着いたら、みとけ(覚悟しとけ)」と思っている人は多いです。


※売れて3刷「ななな、ななななな? 熊本弁コージ苑」が好評発売中。
※ご意見、問い合わせは yokatai@kumanichi.co.jp までメールで。