熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

猫はかわいがってあげないと

熊本父

猫はむぞがらにゃん


猫だから「にゃん」という訳ではありません。犬もむぞがらにゃん。

今はお洋服を着せて、予防注射して、おやつのささ身は国産限定。お犬さま、お猫さま全盛です。ボルゾイとかになると気品があって、飼い主がみすぼらしく見えたりします。

甘やかしの最上級は孫。「ほら、お宝お宝上息子」とおばあちゃんは猫かわいがり。そうか、猫が上か。


※筆者は熊本市東区在住。言葉は益城町出身の母の影響を強く受けています。
※ご意見、問い合わせは yokatai@kumanichi.co.jp までメールで。