熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

また、変なことに夢中になって

熊本母

まーた、へぐれんこつに、のぼせてかる


小学校の時、ゲームにのぼせた(夢中になった)かと思えば、中学校はフィギュア作りに没頭。高校ではコスプレに励む息子に母親の嘆き。「へぐれん」は「妙な」。

「くまモンの恋人のくまミンでーす」

最近は老人介護施設にも出没し、それはそれで役に立っているようなー。


※筆者は熊本市東区在住。言葉は益城町出身の母の影響を強く受けています。
※ご意見、問い合わせは yokatai@kumanichi.co.jp までメールで。